シンガポールMBAの記録。現在は2014年1月からSMU MBAに在籍中。
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ TOEFL勉強法TOPMBA受験 ≫ TOEFL勉強法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

TOEFL勉強法

TOEFLを勉強するにあたって一番大切なのは、自分に一番合う方法を見つけることだと思います(当たり前w)

私はとりあえずネットでTOEFLを勉強した先人たちのブログを読み漁って、いろいろ合う方法を試してみました。
その中でも、特に自分に役に立ったなと思うことを挙てみます。

まず買うべしは、Official Guide!
Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)
(2012/08/08)
Educational Testing Service

商品詳細を見る

全セクション、やり尽くす!(単語調べたり、Lのスクリプト読みつくしたり、Sのモデルアンサーを真似してみたり)

<単語>
MBA受験者界隈では、この単語帳が人気のよう。
TOEFLテスト英単語3800
TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)TOEFLテスト英単語3800 (TOEFL iBT大戦略シリーズ)
(2006/05/20)
神部 孝

商品詳細を見る


私は結局単語帳が好きになれなかったから、TOEFLの教材とか英文のニュースを読んでわからなかった単語を自分でエクセルでまとめてた。(単語:意味:例文という感じで。)

こんな感じ↓
words.png

例文はここから引っ張ってきた⇒アルク 英辞郎 on the WEB 

<R>
とりあえず量をこなすことに尽きると思う。その時にただ読むんじゃなくて、「速読」を意識のが良いと思う。
速読の方法
知らないと損する英語の速読方法

私は1分間に何word読めたかを、下記の英文記事を読んだりしながらエクセルでまとめてました。

読む教材としていいのは、
・TOEFLの教材
Barron's TOEFL iBT with CD-ROM and 2 Audio CDsBarron's TOEFL iBT with CD-ROM and 2 Audio CDs
(2010/04/02)
Pamela J. Sharpe

商品詳細を見る

・科学系の記事:Scientific American
・生物系の記事:National Geographic

<L>
毎日10分でもいいから、何かしら聞くこと、そして自分がどれくらい理解できてるか確認するが大事かなと。

良い教材は
・podcastのCNN Student News(オススメ):10分くらいで、週末以外毎日更新あり。ネットにスクリプトが掲載されてるので、聞き取れなったところをチェックしたり、知らない単語を自作単語帳にまとめてたり。
・podcastのA moment of science(寝むくなるけど、TOEFLのネタ的には最適)
・PodcastのScientific American(超絶速くて、全てを聴き取るのは難易度高し。これもネット上にスクリプトあり)
・TED(オススメ)

TOEFLの教材とか、上記のスクリプトがある教材をシャドーイングしたり、音読する練習がいいとのこと。

<S>
なかなか対策し辛いSpeakingですが、やはりもっとも準備しやすいのは「テンプレートの作成」かと思います。
ネットで検索すると先人たちが参考にしたテンプレートが出てくるから、自分が好きなテンプレートを見つけるといいかもしれない。(特にPart3、4、5、6とか)
あとは、自信もって大きな声で「英語話せる風」にしゃべることが結構大事なのではないかと思う。

<W>
Wもネットで結構テンプレ出てるので、自分に合ったものを見つけるのが良い。
Body中の具体例は、正直嘘でも何でも全然大丈夫なので、ガンガン嘘ついてとにかく書くのが良い。(私も「今小学校でteacherしてる」とか書いた)

実はTOEFLのライティングは原則的に185題ある内から出題されてるとのこと。
この本の巻末に185全問とサンプルエッセイが出てるから、参考にするのもいいかもしれない。(ただしサンプルエッセイの出来栄えは微妙)
Writing for the TOEFL iBT (Barron's Writing for the Toefl)Writing for the TOEFL iBT (Barron's Writing for the Toefl)
(2011/08)
Lin Lougheed

商品詳細を見る


<tips?>
TOEFLはRかLに必ずダミー問題が入ってます。私の場合、9回受験して9回Lにダミーが入っていたので、確率的にはLにダミーが出ることが多いのだと思う。そしてダミーはL/Rの最後のパートに来ることがほとんど。
※ダミー問題とは、ETSが調査のために出す、採点されない(と言われている)問題。
 Rは4passageの場合、1本がダミー。
 Lは3会話6長文の場合、内1会話2長文がダミー。

先人たちのブログで見つけたダミーの例⇒
R:チグリスユーフラテス川の文明について(メソポタミア)+グッピーについて+英米の電話・電報の発展の歴史(テレグラフ)
L:IDをなくした会話+鳥の渡りについての講義+ラフレシアの植生について、ニューロン、ワーズワース、Ragtime Music、Sumerian &Natural selection…


そこでいつも私がやっていたのは…
・ほぼ最後に入室する
・Lのダミーの間に、既にSpeakingに移行している周りの方々のSpeakingをこっそり…テンプレをメモ…(以下略)


とにかく自分が苦痛にならず、長く続けられる方法を見つけるのが一番だと思います。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。